「今年の忘年会はどうしよう」年の瀬が近づくにつれ、仕事も忙しい中、毎年幹事の立場の人は仕事以外のことに労力を使わなければなりません。さらに、東京の企業の多くは景気の良い時代というわけでもありません。「経費」という面でも選択肢が限られてくるというのが現状ではないでしょうか。

女性が多い職場や若い世代が多い職場の忘年会で、例えば「居酒屋」という選択肢は最善でしょうか?
最近の東京の若い人はそもそもあまりお酒を飲まなくなりましたし、女性で会社の人と大勢で飲むのは嫌いという人は少なくありません。
そこでオススメなのが「ケータリング・サービス」です。
これには多くのメリットがあります。まず一つ目は、フランス料理などの高級な料理が食べられるということ。
居酒屋の料理よりも明らかにレベルが高いものも同程度の料金でできるのです。
場所代がない分安価に頼めるのです。2つ目のメリットは会社のスペースでできるので、移動をする必要が無いということ。
これでしたら出席率自体もアップするでしょう。会社という場所柄へべれけに酔っ払う人もいないのではないでしょうか。
女性も安心です。さらに、後片付けまでしてくれるので、社員の誰かが最後の後片付けに犠牲になるということもありません。
3つ目のメリットは、とにかく東京のケータリング自体がおしゃれで新鮮だということです。
「また居酒屋か」といったマンネリズムは、ポジティブな雰囲気が必要な企業としてマイナスの要素しかありません。
新しく攻めの姿勢の忘年会が必要なのではないでしょうか。

現在、東京都内ではさまざま種類のケータリングサービスがありますが、多くのケータリングを経験して結局行き着いたのが中華ケータリングという人が多いのではないでしょうか。ケータリングは基本的には自宅や会社、もしくはパーティースペースなどで大人数で大皿の料理を食べるというのが一般的ですが、こういったスタイルに一番良く合うのがやはり中華なのです。

さらに中華料理は日本人なら子供の時から馴染みがあるものなので、あまり苦手という人も少ないのではないでしょうか。いつでも基本的に中華は人気料理なのです。より多くの人に喜ばれるというのがケータリングの最も重要なポイントなのです。東京では実際に中華ケータリングのレベルはかなり高いものが多いのです。中には誰もが知っているような料理人のお店のケータリングもあります。いわゆるラーメン屋さんの「出前」とは大きく異なるというのは、実際に食べたことがある人ならお分かりのことでしょう。東京はまさに中華激戦区。ある程度の人気店なら外れ無しといっても過言ではありません。

さらに中華ケータリングであれば、既存のレストランが行っている場合もあります。そういったお店の多くは少人数、例えば3~4人などの人数分も歓迎している店もあります。かなり「出前」に近い感覚ですが、一流の料理です。「ちょっと雨が降ってきたから外に出るのが面倒くさい。そんな気軽な理由でケータリングを使用してみるのも良いのではないでしょうか。

ケータリングの最大の特徴は、なんといってもその大皿に並べられた料理の華やかさ、豪華さではないでしょうか。これがレストランなどの一皿一皿に載せられた料理と迫力が違うのが最大のポイントではないでしょうか。さらにこういった華やかさに加えて、最近では東京都内などでは本当にレベルの高いフレンチやイタリアンスタイルのスタイリッシュなケータリングメニューを提供するお店が増えてきています。

そういった東京の一部のお店では、料理に自信があるということもありますが、場所も提供してくれるサービスも中にはあります。
こうなるとほとんどレストランと同じ状況になりますが、それだけ料理のレベルが高いという証明でもあります。
東京での多くの利用者はそういったケータリングを利用して、女子会からウェディングパーティー、バースデイパーティーなど気軽なパーティーから特別なパーティーまで幅広く利用されています。
見た目の美しさ、本格的な味の料理と、レベルの高さに多くの人が驚き、そして満足をすることでしょう。
ケータリングの最大の特徴は、場所を自宅などのほかの利用客がいないという状況で完全にプライベートな空間で多くの人と料理を楽しめるということです。それは店員や他のお客に気を使わなくてもよいので、よりリラックスした、そしてより思い出に残るような特別な時間を過ごすことができるというわけです。
一度利用をすればレストランと比較した場合のさまざまなメリットに気がつくことでしょう。